文字サイズ大中小

茂原の観どころの詳しい説明

茂原公園

茂原公園

茂原公園

茂原公園

概要

JR茂原駅の西方約2kmに位置し、昭和初期に開設された公園です。春を彩る園内のさくらは、ソメイヨシノなど約2,850本が植えられ、「さくら名所百選」に選ばれています。
遊歩道が整備され、市民の憩いの場として親しまれています。
また、園内の弁天湖では、多数の亀が甲羅干しをしている姿も見られます。

催し
所在地

茂原市高師1325-1

交通

JR茂原駅より長南方面行きのバスで7分。藻原寺バス停下車徒歩5分。
圏央道「茂原北IC」より、車で15分。「茂原長南IC」より車で20分。
駐車場大型5台普通車150台(桜まつり期間中は臨時駐車場含め650台)

料金・お休み

無料・無休

連絡先

茂原市商工観光課 TEL 0475-20-1528

マップ


大きな地図で見る


茂原市立美術館・郷土資料館

茂原市立美術館・郷土資料館

茂原市立美術館・郷土資料館

概要

日本さくら名所百選に選ばれた茂原公園内に平成6年10月に開館した、全国的にも珍しい「美術館」と「郷土資料館」の複合施設です。公園を散歩しながら、気軽に芸術文化に親しむことができます。
美術部門では速水御舟の初期作品など、郷土ゆかりの作家を中心とした作品や資料などを収集し展示しています。市民の作品展などの他、郷土ゆかりの作家の企画展や地域をテーマとした展覧会などを年に1〜2回開催しています。
郷土部門では茂原市の資料を考古・民俗・歴史の3部門を中心として収集し、調査研究及び保存に努めるとともに展示により一般公開しています。
「こころ、ふれあい、ゆとり」をテーマに芸術文化の活動拠点として、「文化の香り高いまちづくり」の一環としての役割をはたしています。

所在地

茂原市高師1345-1

交通

JR茂原駅より長南方面行きのバスで7分。藻原寺バス停下車徒歩5分。
駐車場大型5台・普通車150台

開館時間

9:00〜17:00

お休み

毎月第3月曜日、年末年始、臨時休館日

料金

無料(特別展は有料)

連絡先

茂原市立美術館・郷土資料館 TEL 0475-26-2131

マップ


藻原寺

藻原寺(そうげんじ)

概要

藻原寺は「茂原市」の市名の由来になりました。日蓮聖人が、お題目初唱をした霊場として知られる日蓮宗の名刹です。身延山久遠寺の系統で、東身延と称されています。本堂唐門向拝彫刻
は市指定の文化財となっています。

所在地

茂原市茂原1201

交通

JR茂原駅より長南方面行きのバスで7分。藻原寺バス停下車徒歩5分。
駐車場:普通車40台。

お休み

無休

料金

無料

連絡先

藻原寺 TEL 0475-22-3153

マップ


六斉市

六斉市(ろくさいいち)

概要

市役所近くの昔の面影を残す昌平町通りで毎月4と9のつく日に開かれる「六斉市」では、季節の植木、野菜、果物、干魚などが露天で売られにぎわっています。この市は約400年の歴史があります。始まりは江戸時代。長生地方の交易の場として開かれ、主要商品として塩が売買されました。市は日を変えて、本納や大網などにも立ちましたが、現在も大勢の人でにぎわっているのは茂原だけ。季節や風物を感じさせる六斉市の情緒は、いつまでも守り続けたいふるさとの風景です。朝から日没まで営業しているのも特徴です。

所在地

茂原市茂原昌平町通り

交通

JR茂原駅より徒歩20分。または、長南・大多喜方面行きバスで4分。本町バス停下車徒歩5分。

時間

朝から日没まで

期間

毎月:4日、9日、14日、19日、24日、29日

料金

無料

連絡先

茂原市商工観光課 TEL 0475-20-1528

マップ


旬の里 ねぎぼうず

旬の里 ねぎぼうず

概要

旬の野菜、加工品(もち、太巻き寿司等)、花植木等生産者が心をこめた品物を販売しています。茂原はねぎの産地であることからこの名前がつけられています。商品には生産者が表示されているのでとても安心です。

所在地

茂原市法目807番地1

交通

JR本納駅から線路を渡り、徒歩5分。国道128号線沿い。車では外房有料道路終点より約10分。駐車場:普通車25台(障害者用1台)

お休み

年末年始を除き原則無休

営業時間

9:30〜18:30

連絡先

旬の里 ねぎぼうず TEL 0475-34-4800

マップ


橘樹神社

橘樹神社(たちばなじんじゃ)

概要

祭神は弟橘媛。橘の木を媛の墓標としたのが橘樹神社の由来とされます。3年に一度体育の日の前日に行われる例大祭には神輿と山車が町内を練り歩きます。また橘樹神社社叢(しゃそう)は市の天然記念物です。

所在地

茂原市本納738・739

交通

JR本納駅から徒歩10分。JR外房線大網駅からバス茂原行き「橘樹神社」下車徒歩1分(平日のみ運行)。駐車場:普通車 60台

お休み

無休

料金

無料

連絡先

橘樹神社 TEL 0475-34-2400

マップ


茂原牡丹園

茂原牡丹園

概要

4月下旬~5月上旬開園。茂原牡丹園は上総の民家と山里を背景に牡丹をあしらった素朴で自然な庭園を演出。母屋は江戸時代後期、長屋門は天保 8年(1837)の建造によるもので千葉県内でも数少ない民家の一つです。現在5000m2の圃場には牡丹250種2,500株、芍薬50種500株が植えられています。

所在地

茂原市山崎210

交通

JR茂原駅より小湊バス15分、舟着神社前下車徒歩5分。駐車場:普通車 300台

開館時間

8:00〜18:00

期間

4月下旬〜5月下旬(期間中は無休)

料金

大人(中学生以上)600円、小人(小学生)200円、幼児無料

連絡先

茂原牡丹園 TEL 0475-22-4224

マップ


あじさい屋敷(服部農園)

あじさい屋敷(服部農園)

概要

総面積18,000m2の敷地に、200品種、10,000株以上のあじさいが植えられ、シーズン(6月上旬から7月上旬)には色鮮やかに咲き競います。テレビや雑誌でも取り上げられたため、多くの観光客が県内はもとより、東京などからも訪れ、茂原の観光名所になっています。

所在地

茂原市三ヶ谷719

交通

茂原駅から約4km。バスは小湊バス「七井戸循環」に乗り約13分。三ケ谷三つ角にて下車。徒歩約10分。バスの便数は少ないので要注意です。タクシーで茂原駅から1,400円位。

開館時間

6月上旬〜7月上旬

開館時間

8:00〜18:00

お休み

期間中無休

料金

大人400円 小人100円 団体300円(10名以上)

連絡先

あじさい屋敷 服部農園 TEL 0475-24-8511

マップ


レイクウッズガーデン ひめはるの里

レイクウッズガーデン ひめはるの里

概要

園内には四季折々の美しい花々が年内を通して咲いており、特に、五月上旬~中旬にかけて、さまざまな種類のバラとジャーマンアイリスが色鮮やかに、訪れた人の目を楽しませてくれます。さらに、オーストラリアン・ラブラドゥードルと出会え、ふれあえる、日本で唯一の場所です。ドッグランやドッグカフェもあり、やすらぎと活力を感じることのできるパークです。

所在地

茂原市上永吉鏡谷1076番1

交通

JR茂原駅南口より小湊バス「上永吉経由長南車庫」行きに乗車し、「ひめはるの里」下車。茂原駅からタクシーで約15分。

営業時間

10:00〜17:00(4月〜11月)
10:00〜16:00(12月〜3月)

お休み

12~3月は水曜定休(祝祭日は通常開園)

料金

大人600円 小人300円 障がい者400円 愛犬300円
大人団体500円 小人団体250円 障がい者団体300円
※小人は小学生以下の方が対象。ただし、3歳以下のお子様は無料。
※団体は20名様以上が対象で、1名様あたりの料金。

連絡先

レイクウッズガーデン ひめはるの里 TEL 0120-313-956

マップ


荻生徂徠勉学の地

荻生徂徠勉学の地

概要

江戸時代の大儒学者、荻生徂徠の碑があります。延宝7年(1679)、徂徠が14歳の時に父・方庵が主君綱吉の怒りにふれて江戸を追放され、一家で本納村(現:茂原市本納)に移り住みました。以来、青年期の13年間を通して本納で勉学に励み、その後江戸にもどって儒学者としての道を開いたのです。荻生狙徠勉学の地はJR外房線本納駅から約500mの地点に位置し、昭和50年(1975)に千葉県の史跡として指定されました。指定地に黒御影石の碑が建てられています。

所在地

茂原市本納2976-1

交通

JR外房線本納駅から徒歩10分
JR外房線茂原駅からバス大網行き「本納駅入口」下車徒歩10分
JR外房線茂原駅からタクシーで10分

連絡先

茂原市生涯学習課 TEL 0475-20-1559

マップ


大きな地図で見る


鷲山寺

鷲山寺(じゅせんじ)

概要

藻原寺の西隣に端正な大屋根をそびえさせているのが八品派(本門法華宗)の大本山鷲山寺です。江戸時代には断食、水浴、信仰によって万病を癒す寺として有名でした。

所在地

茂原市鷲巣48

交通

JR茂原駅よりバス7分、藻原寺下車徒歩5分。

お休み

無休

料金

無料

連絡先

鷲山寺 TEL 0475-22-2978

マップ


本納城址

本納城址

概要

室町末期(1529年)造営の山城の遺構。房州里見の支城でした。天正18年(1590年)に徳川家の旗本の知行地となり廃城。本、中、下城址、削壁、抜穴、袋狭間、狼火台址等々、中世山城の遺構を多く今もとどめている貴重な城跡。「蓮福寺史跡」として市指定の史跡となっています。

所在地

茂原市本納3106 蓮福寺

交通

JR外房線本納駅から徒歩15分

料金

無料

連絡先

蓮福寺 TEL 0475-34-5996

マップ


大きな地図で見る


国府関遺跡

国府関遺跡

概要

造営時期が弥生後期、古墳時代前期、奈良、平安初期に分かれる遺跡です。茂原市の指定史跡になっています。竪穴住居跡4軒や40余りの土杭の遺構のほか自然流路も確認されています。木製品の出土した遺跡では日本最大級のもので、特に琴の出土は非常に珍しいものです。周辺にも夏見遺跡など数多くの遺跡が見られます。国府関遺跡の出土品は茂原市立美術館・郷土資料館に展示されています。

所在地

茂原市国府関字中橋971外

交通

JR茂原駅から循環市民バスで「二宮福祉センター」下車徒歩7分

料金

無料

連絡先

茂原市立美術館・郷土資料館 TEL 0475-26-2131


掩体壕

掩体壕(えんたいごう)

概要

掩体壕は戦争中に作られた施設で、敵機の攻撃から飛行機を隠し、守るためのものです。大型のものでは面積365平方メートル、高さ6.7mあります。近辺に10基残る掩体壕のうち、写真は茂原市が保存したものです。

所在地

茂原市本小轡1108番地1

交通

JR新茂原駅から徒歩18分

料金

無料

連絡先

茂原市生涯学習課 TEL 0475-20-1559

マップ


大きな地図で見る


鶴枝ヒメハルゼミ発生地

鶴枝ヒメハルゼミ発生地

概要

鶴枝ヒメハルゼミ発生地は国指定の天然記念物です。八幡湖に面する八幡神社の森で椎の群生地に生息し、かつては7月上旬~下旬にかけて「ジージャ」「ジージャ」という大合唱が響きわたりました。近年は減少傾向にありますが、保護に努めています。学名 Euterpnosia chibensisの種名 "chibensis" は「千葉に棲む」という意味です。

交通

JR茂原駅よりバス長南車庫行き「ひめはるの里」下車徒歩5分

連絡先

茂原市生涯学習課 TEL 0475-20-1559